読書家しろくまのすゝめ

〜読書家しろくまが読んだ本の紹介・現代への想いなどなど〜

教師はブラックではない3つの理由

 

初めに

 私は教師ではない。しかし、塾講師のアルバイト3年間や児童養護施設の訪問月に一度2年間継続し、中学校で部活の手伝いなどをした経験がる。詳しい内容については、違う記事でも書いているため読んでみてほしい。

 

その1~生徒のせいではない~

 最近よく耳にするようになった言葉がある。それは「今の中学生はうるさい」「SNSによるいじめ、大変そう」「言うことを聞かない生徒が多い」等々様々だ。共通するのは、生徒が悪い方向に変化しているため、親含め教師が対応に困っているということだ。

 だが、児童生徒が悪いのだろうか。違うだろう。この社会を作ったのはほかでもない、いま社会にいる人々、あるいはこれまで社会にいた人々であるのだ。確かに、少しずつ自我を持ち始め、自分自身でできることが増えてくる年齢である。しかし、児童生徒が行動、態度、言動が悪いといい、その社会の変化に対応しない教師は教師になる資格はないと思う。

 少なくとも、子どもが自分の意図しないように育ってしまっても、その責任は児童生徒ではなく、親や教師にある。自分たちが、あたかもしっかり指導し育てているという心を持つのはやめてほしい。

 

その2~どんな職業も辛い~

 人に教えるのは好きだけど、教師は大変そうだ。と思っている人が多いのではないだろうか。私も、そう考えた時期があった。正直今でもブラックではないと断言はできない。しかし、他の職業を見てみれば、教師だけが辛いわけではないことがわかってくる。人は、他者との比較によって自分の価値を判断する。教師を目指して、教師になった人は、社会と接する機会があまりない。辛いと言っている人は基準が低いと思う。

 公務員という安定の職業ということだけで就職しているのだろう。人のために働く。自分の将来のために働く。悔いのない人生を送るために働く。私は、教師をブラックだと言っている人は、この考えに乏しいのではないかと思う。賃金なんて気にしない。自分の好きな職業につけただけで、他の人に比べれば幸せではないだろうか。

 

+α

 私には兄がいる。自分勝手な兄だ。その兄は、バイクが好きでバイクの会社に就職した。聞く限り、福利厚生、職場環境、決していいとは言えない。公務員と比べたらなおさらだ。しかし、賃金は気にしていない。自分の好きなことをできているだけで幸せだと語っている。朝は7時には起床し、夜は残業代が出ているのかも定かではないが、家につくのは11時。兄は大卒であるのに、周囲には高卒、中卒ばかり。でも兄は、生き生きしている。自分の人生、明日死んでも後悔はないような出で立ちだ。私もそう生きていきたい。

 

その3~現に教師は減っていない~

 インターネットにおいて、掲示板やこうしたブログ等で、「教師はブラックだ」「やめた方がいい」と言ってる。テレビのニュースなどでも取り上げられる始末だ。しかし、教師の倍率は減少しているだろうか。今すぐ調べてほしい。

 結局のところ、そう言ってその人たちに何の得があるのか。危険なものを危険といって、避けさせて善人になっているつもりだろうか。そうして注目を浴びたいのか。私にはわからないが、教師の倍率は減少していない。少子化などの影響で人数の原初があっても、他のメディアのような根拠は断片的で社会的背景をふまえていない

 私の述べていることも、本当かどうか心配だろう。そしたら、文部科学省のホームページに行き、少子化などの社会事情と各県のホームページの教員採用試験の倍率を見てみるといい。自分の目が一番信じれるものだろう。

 

 

社会の状況をと、今の自分の悩みを思わず書いた。~人生としあわせ~

 

目次

 

1.誰一人として同じ人生を歩んでいる人はいない

 人生について、皆が一度は考えるだろう。しかし、それが人生なのである。誰もが、自分の人生について試行錯誤を繰り返し、最終的には人生の大きな選択といえる仕事につくのである。

 だが、仕事を人生と考えてはいないだろうか。大学生になると、仕事の選択に迫られ、焦って人生ん選択と称して就職する。そう言った人たちは、自分の与えられた仕事を機械のように全うする毎日を送る。これが、人生なのだろうか。いや違う。仕事は、人生の一部である。それに大きく左右されてはいけない。多様な生き方があり、生きるために仕事をするという選択肢以外にも、自ら自給自足することで、働かなくてもよくなることだってある。いま、日本人として生まれた私たちに与えられた選択肢は人の数だけあるのだ。

2.メディアの影響力

 皆が、人生の手本とするのは、メディアである。つまり、最も影響を受けるテレビの出演者が例として挙げられる。芸人になることや、モデルになること。お金持ちになり、車を買うこと。大きな家を買うこと。ドラマでは、貧乏がいつも苦しいい思いをして、努力し助けられお金持ちになる。などなど。

 だが、それが幸せといえるのか、考えたことはないと思う。「しあわせ」これについて、日本人は、アリのように忙しく働いているため、考える時間もないと思う。

 

3.幸せと人生・生きるということ

 なぜか、教育現場においても、将来困らないため、就職できるように勉強させているような気がする。しかし、本当に大切なことは、この流動的な社会において、いかに自らの知識・能力を最大限に生かいし、生きていくかではないのだろうか。勉強は、そう言ったものを磨くものではなかったのか。

 これに付随するようにして、人々の幸福感が変化してきた。お金持ちが幸せ。お金がなくては生きていけない。資本主義社会の負の方向に人々は動いているような気がしてならない。「しあわせ」を感じるのは、人それぞれちがう。それこそ、多様なのである。だが、それを押し殺してでも、人生におけるお金は必要なのだろうか。お金が人生になっていないだろうか。今一度、考えてみてほしい。

4.何かを得れば、何かを失う

  これを忘れている人が多い気がする。最近では、韓国と日本の合同企業が、森林を伐採し、太陽光パネルを山一帯に設置するという話が出ている。これで、何を思うか。自然エネルギーであるから、地球にやさしい、もっとするべきだ。これは、日本全体の利益のみならず、世界の自然のためにも、効果的だ。

 果たしてそうだろうか。「何かを得れば、必ず何かを失う」ここでは、詳細は述べない。もう一つ記事を書こうと思う。

宗教とは~宗教教育から見る法人の逸脱~

f:id:shirokuma1230:20170820140731j:plain

目次

 

初めに

 宗教と義務教育の関係について、日本国憲法はどのような立場を示しているのだろうか。日本国憲法第二十条の第三項には「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」という条文がある。つまり、日本では憲法において義務教育下の「宗教教育」は憲法上禁止されているといえるのだ。だが、私は「宗教教育」は禁止されていても「宗教についての教育」は義務教育で必要だと考える。そこで、以下では、既述の憲法の条文もふまえつつ、「宗教についての教育」の必要性を宗教法人とも関連させて見ていく。

1.「宗教教育」と「宗教についての教育」の違い

 

 まず、先にも出てきた「宗教教育」とは何だろうか。これについては、昭和22年の教育基本法案特別委員会の辻田政府委員が「…特定の宗教に関する教育という風に考へて居ります。」⑴としている。一方、「宗教についての教育」とは、宗教に関する知識、例へば宗教学といった、宇宙の神秘や生命の不可思議を考えるというようなような教育である。つまり、正確な解釈に基づけば「宗教についての教育」と「宗教教育」は別物であり、義務教育現場においては教職員全員が、このことについて知るべきであるだろう。たしかに、憲法の一つの解釈としては、両者は宗教について教えるという点で、同じものだと捉えることもできる。そして、まだ自我を確立しているとは言えない児童生徒に対して、大人(教師)の言う「宗教」のことがどれだけの影響を与えるのかについても注意するべきであるだろう。

 だが、私の考えとしては、辻田政府委員の言葉もふまえると、特定の宗教について教え ること、例えば、キリスト教について教えるときに、他の宗教との比較もせずにキリスト教の教義を細々と教えることに関しては禁止すべきであるが、宗教を中立的な立場からとらえ、子どもたちに必要な「知識」を教えること、つまり「宗教についての教育」は禁止しなくてもよいと考える。理由としては、前者(宗教教育)は特定の宗教に偏った、いわゆる「信仰心」を養わせるような教育となってしまい、憲法における思想良心の自由や先の条文からも、義務教育現場においては不適切な教育といえるのは確かだ。だが一方で、後者(宗教についての教育)は、人類の伝統や文化、社会そのものを作ったといえる宗教を、日本だけではく、世界に視野を広げて学ばせることが出来るのだ。これは、グローバル化が進行している現代社会において、必要とされていることであり、今後、世界的に活躍の場を広げていく子どもたちにとっても育むべき知識といえるだろう。

2.宗教法人の巧妙な手口

 最初に述べておきたいのは、私の親しい友達は、日本で最も大きい宗教法人を信仰していた。その人は、家族がもともと信仰しており、いわゆる二世といえた。葛藤していたことなど、そうした二人で話をたくさんしたことをふまえた意見である。決して、誹謗中傷のためや、主観的な意見でないことを考慮してほしい。

 宗教法人は、「教義をひろめ、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする団体、つまり「宗教団体」が都道府県知事若しくは文部科学大臣の認証を経て法人格を取得したもの」⑵とされている。ここで、この文章を読んだ人は、教義とは何か、儀式行事とは何かわかるだろうか。世界の三大宗教は、皆が周知の意通りであるが、キリストの教義は本来何であるのか。日本の宗教法人に多い仏教であるが、儀式行事はどういったことなのだろうか。その意図は。なにを背景にして宗教ができたのだろうか。それを知らずして、宗教を信仰していいものなのだろうか

 最近は、宗教法人に若者がよく訪れるそうだ。それがなぜか。昔からの、墓参りや親子関係、親戚関係が薄れ、人間関係の希薄が進行してきたことで、日本古来(宗教ではなく文化的な)の習慣が衰退し、ストレス社会の現代に耐えられなくなった人々が一歩踏み出してしまうのではないだろうか。だが、そこには心理学を駆使した、必ず信仰を勝ち取るための戦略が、宗教法人にはある。その、矛盾を客観的に理解するためには、先に述べた「宗教についての教育」の必要性があるのではないのだろうか。 

まとめ

 「宗教についての教育」は、義務教育で行う必要があり、それを行う際には、細心の注意を払うこと、そして、政府だけでなく、学校現場や地域との連携を図ることで、偏った「宗教教育」になることを防ぎ、それが将来を支える子どもたちの「知識」の構築につながると私は考える。

 また、宗教法人については、多様な考えの一つとして、そうした営利団体も一方的に否定することはできない。しかし、日本が思想良心の自由を掲げていることを利用し、宗教法人が信者から「お布施」として利益を得ていることについては、たとえその団体の教義や思想に共感を得ていたとしても、知っていてほしい事実である。 

三年付き合った彼女と別れた~高校の青春のすべてを~

f:id:shirokuma1230:20170820115114j:plain

 参照:https://search.yahoo.co.jp/image/search

まえがき

 互いに高校一年生の時、バレンタインデーをもらった私は、その数日後に彼女と付き合った。私は野球部に所属していた。彼女は帰宅部。付き合ってか気づいた時間という壁。学校では毎日会っていても、彼女は放課後に遊びたい。土日に出かけたい。今思えば、当たり前ではあったが、野球部で忙しかった私は、そっけなく対応しケンカの毎日であった。だがそんな日々はあっという間だった。

 そして、付き合ってから三年半がたったある日、私たちは別れた。

別れた理由

 理由は、互いに子供であったことだろう。大学に進み、私は大学、彼女は専門学校。互いにどんどん離れていき、すれ違いが多くなってきた。

 しかし、よく言う大学になれば別れる。というものではないような気がする。というのも、私たちはケンカが多く、話し合いで解決することが多かった。しかし、その時間はあったし、高校の時以上に会うこともできた。連絡も頻繁にとることができる。でも、別れた。

 男女の関係は、連絡が頻繁に取れればいい。時間があってたくさん会えればいいというものではないのだろう。相手を思い、相手のことを真剣に考える。どんなにつらく、連絡が取れずとも、その相手を思う時間こそが大事なのだと。

 

過去の出来事

 過去を振り返ってみると、私は女心もわからず、そっけない対応をしていた。こっちだって疲れているのに何で無理なことばかり言ってくるのだろう。部活が8時や9時に終わり、そこから彼女の家には片道一時間。帰宅するのは11時。親には最初は、部活だとか、遊んできたとか言ってたが結局は言わざるを得なかった。

 高校三年間で、部活が終わってから数え切れないほど彼女の家に足を運んだ。ケンカしたときは、お土産やぬいぐるみをプレゼントに持って行った。自分でも分かれてみて、野球部、学校の勉強、彼女。よくこれらを両立できていたなと思う。もしかしたら、もっと野球や勉強ができたのかもしれない。しかし、今考えてもしっかりそこは両立できていた。

現在の思い

 

 なぜだろうか。彼女と別れてから分かった。彼女は私のことを一番に考えていてくれた。彼女は勉強が苦手であったが、私が一緒に勉強しようというと何も言わずに隣にいてくれた。私が、野球でつらいときは手紙を何枚も書いてくれた。それが私の原動力になっていたこと。心の支えになっていたこと。今になれば、身に染みてわかる。これが、いなくなってからわかるというものだろう。

友人が事故で無くなった

 そんな時に、友人が事故で亡くなった。今でもまだ生きているのではないかと思う。私はこの一年で失ってみて分かったことがたくさんあったのである。しかし、別れた彼女は死んだわけではない。亡くなってしまった友人とはもっとやりたいことがたくさんあった。連絡はあまりとれていなかった。とらなくても、成人式とかに話す。当たり前だと思っていたことはやってこなかった。

 そう思った私は、別れてから初めて連絡を取ることにした。互いに知っている友人であるし、連絡手段として残っていたメールを久しぶりに開き送った。

 もう付き合うことはない。しかし、少し大人になってか会って話をしたいなと伝えた。子供であった。良い経験だった。今将来、会った時には、まず「ありがとう。」そして「ごめんなさい。」と伝えたい。

 

 

 

 

 

 

 

雑談でした(笑)最後まで見てくれてありがとうございましたm(_ _)m

 

大学生 ボランティア活動 ~得られたことのまとめ~

f:id:shirokuma1230:20170321161213j:plain

参照:https://search.yahoo.co.jp/image/search

目次

 

初めに

 私は、私立の大学でボランティア活動をしている。主に児童養護施設に訪問し、3歳から6歳までの児童と鬼ごっこや縄跳びなどをして遊ぶ。月に一度の活動であるため、活動がない時とあるときの、自分の変化を身に染みて理解することができる。そのことを5つにまとめて述べていく。

1.自分を必要としてくれる

 ボランティアとは、自分から進んで社会活動などに無償で参加することであり、必要とされる場に出向くことである。

 私が児童養護施設で感じたことは、日々の遊びに新たな変化を欲している子どもたちや、自分にとって都合のいいような遊び相手、そう言った環境を欲している児童の姿である。

 大学生になると、日々の生活は自分次第で大きく変化していく。勉学に励む者。遊びばかりしている者。日々バイトに追われる者。しかし、そのなかにボランティア活動をしようと思う人は少ないのではないだろうか。確かに、ボランティア活動をする人は増加傾向にあり、勉学の一環として活動するものもいる。しかし、その一方で、ほとんどは友達作りや就職のためなどの活動であり、ボランティア本来の精神が薄れてきている。つまり、そうしたボランティアの精神にのっとった活動をする人が減少してきているということである。

 子どもたちは、新しいことに興味を持つため、これまでたくさんのことに触れてきた私たちの行動1つ1つを魅力的に感じている。つまり、誰であっても、今日までの経験、例えば絵がうまい人。スポーツができる人。面白い人。なんでもいいのである。そのすべては子どもたちにとって新鮮なのである。

 私たちを必要としてくれる人は必ずいて、それに気づき、一歩踏み出すことでボランティア活動を含め日々のそれぞれの活動が、してもらう側の心もする側の心も豊かにするのである。

2.ボランティアの精神

 上記でもふれたボランティアの精神であるが、私は次のように考える。それは、ボランティアをして見返りを求めてはいけないということである。ボランティア活動にあまり参加してこなかった人が良く言うのは「しても意味がない」「時間の無駄」「アルバイトした方がまし」など、到底ボランティアに結びつきそうではない発言ばかりである。

 しかし、ボランティアはそもそも相手に何かを求めるものではない。誰かに求められたこと、もしくは求められていると感じた時に活動もするものである。だから、時間が無駄だと感じているのは、相手に何かを求めており、ボランティアをしている自分自身から何かを得ようとはしていないからそのように感じるのである。アルバイトをした方がいいと考えている人についても、アルバイトのようなお金の価値をボランティアをして相手から得ようと考えているからなのである。ボランティアは活動を通して自分で価値を見出すものなのであり、相手に何かを求めてはいけない。少なくとも、最初からそう言った精神でボランティアに参加することは避けてほしいと思う。

 そこで次の章では、そのボランティア活動がどういった価値を私たちにもたらしてくれるのかについて述べるとともに、読者の方々のアルバイトや遊びその他の様々な時間のなかにボランティアがふくまれていけば幸いである。

3.無償から得られる価値とは

 ボランティア活動については述べてきたのでわかると思うが、それらの無償奉仕活動から何が得られるのか。それに触れていく。

 まず第一に、心に余裕が生まれるということだ。これを言うと、心に余裕のある人がボランティアをするんじゃないか?と、思うかもしれない。しかし、逆なのである。ボランティアをすることで、予言の自己成就のような効果をもたらし自分の心、つまり精神的に落ち着きをもたらすのだ。

 第二は、出会いがあると言うことだ。特に、ボランティア活動をする人に悪い人はいない。他の人と差別しているわけではない。しかし、ボランティア活動は、第一で述べた心に余裕を持てる人物であると言える。自分と合う人は、自分と同じ行動、思考をしてるだろう。ボランティアはそう行った人との出会い、良い出会いがあるのだ。これは、他の活動とは質の違う出会いと言えるだろう。

 

まとめ

  1. ボランティア活動は、無償奉仕活動
  2. 魅力ある自分を実感できる
  3. ボランティアの精神は、公的であること
  4. 心が調う
  5. 良い出会いがある

 以上の五つが私がボランティア活動を通して得られたことのまとめである。フォロー等よろしくお願いします。